生命保険の見直しをお考えなら中立的な立場のプロFP(ファイナンシャルプランナー)に相談しましょう。生命保険の会社、そして種類があふれるほど多くなっている現在では、生命保険の選び方に誰もが頭を悩ませています。生命保険レディーと呼ばれる訪問販売員の女性の人が家を訪ねてくる場合がありますが、現在ではネットでFPによる保険無料相談がおすすめです。しつこい勧誘は一切ありませんので安心して利用できます。まずプロFP による無料保険見直し相談からどうぞ♪
New Entries

プルデンシャル生命保険の口コミチェック

プルデンシャル生命保険株式会社は、米国最大級の金融サービス機関プルデンシャル・ファイナンシャルの一員の保険会社です。2004年にはあおば生命保険(旧:日産生命保険)を吸収合併し、営業基盤の拡大を図っています。プルデンシャル生命保険株式会社は、あまり頻繁に名前を聞く保険会社ではないかもしれませんが、どのような特徴があるのでしょう?

さて、この生命保険会社の特徴は、ライフプランナーによるコンサルティング販売という点です。プルデンシャル生命保険では、生命保険の専門家であるライフプランナーが、オーダーメイドの保障を提供しています。お客様に最適な生命保険を提供するためのこだわりのシステムですが、販売している商品や評判もチェックしてみましょう。

プルデンシャル生命保険のおすすめ保険商品として、ドル建て保険の「リタイアメント・インカム」があります。「リタイアメント・インカム」は、「養老保険」のことですが、死亡保障をおさえているので、通常の「養老保険」と比較すると貯蓄性がかなり高くなっているようです。しかも、この保険は、解約返戻金の上昇にともなって、死亡保障も増えていくといった特徴もあります。

最後にプルデンシャル生命保険のクチコミをチェックです。「今までの生命保険のイメージが180度変わりました。押し売りしすぎず、定期的に電話もくれるので安心。入院した際の払い出しもスムーズでした本当に安心できる保険会社だと思います。」保険を検討されているなら要チェックです。

>>>生命保険の相談なら読売ウィークリーでも紹介された”保険マンモス”へ今スグ!ic_pikapika.gif

全労済こくみん共済の大きな特徴と種類

消費生活協同組合法 (生協法)にもとづき、厚生労働省の認可を受け、助け合いの精神から生まれた全労済は、民間と異なり営利を目的としない保障の共済事業を行う協同組合です。その共済事業の中に「こくみん共済」があり、保障分野として遺族保障と医療保障があります。こくみん共済は、あなたとご家族の暮らしの安心を支えるために、本当に必要な保障は何かを考え多彩な保障タイプを揃え、年齢や性別、ライフステージに合わせて、一人ひとりにピッタリの保障を提供します。

こくみん共済の大きな特徴は、月々の掛金は契約が満了するまで一定で、年齢による負担増がない家計にやさしい掛け金ですね。また毎年の決算で剰余が生じた場合、営利を目的としないので、大きな「割り戻し金」があります。0歳から85歳までを対象に、年齢や性別、家族の成長、暮らしのスタイルの違いにより変化する必要な保障に対応して、多彩なタイプを揃えています。助け合いの共済だからこそ、支払い事由が生じたときには、迅速に対応します。

大型タイプ、 総合タイプ、総合2倍タイプ、医療タイプ、キッズタイプ、キッズワイドタイプ、シニア総合タイプ、シニア傷害タイプ、医療終身タイプがあります。あなたのライフステージに合わせて、お選びいただけます。独身の方には「のびのびシングル」、ご夫婦お二人には「ほやほやファミリー」、育ち盛りのお子様のいる家庭には「ぐんぐんファミリー」、子供が独立した家庭には「いきいきシニア」をお勧めします。

独身者は、けがや病気に備えた総合タイプ、医療タイプ、医療終身タイプの組み合わせを、若夫婦には、マイホーム購入などに考慮してバランスよく考えた総合2倍タイプ、医療タイプ、医療終身タイプを、教育費や計画的な貯蓄も必要な育ち盛りの子供をかかえた家庭では、保障の合理的な大型タイプ、医療タイプ、医療終身タイプを、老後生活が目的で、入院や通院も視野にいれる夫婦には、シニア総合タイプ、シニア傷害タイプ、医療終身タイプがお勧めです。

>>>生命保険の相談なら読売ウィークリーでも紹介された”保険マンモス”へ今スグ!ic_pikapika.gif

60歳からの生命保険は保険比較サイトを利用

60歳からの生命保険を比較して、アメリカンホームダイレクトのように掛け金一定の保険に入るのも一つの手段です。ただし、60歳以上となると病気になる割合も増えてきますので毎月の掛け金が高額になるのは確かです。また、途中で掛け金を払えなくなって保険を解約すると少額か、または返戻金がゼロのものがほとんどです。

60歳からの生命保険を比較すると、郵便局によく似た農協の共済保険があります。JA共済という名前で呼ばれています。郵便局と比較してもあまり変わりはなく、終身保険もあり種類も豊富です。郵便局の簡易保険とJA共済は、保険金の支払いが他社に比べてスピーディーであると定評があります。

60歳からの生命保険というのは、どうやって比較選択すればよいのでしょう。これはとても難しい問題です。こういった問題に答えるために、保険選びの専門家という人たちが生まれました。保険のファイナンシャルプランナーの人たちです。つまり、保険選びのプロだと言えます。

PCのネットに慣れている場合には、保険比較サイトを使って60歳からの生命保険をすぐに比較できます。パンフレットを取り寄せることも簡単です。ただし、こういった、比較サイトは大まかな保険の比較は出来ますが、保険会社が定めている約款のような詳細については各保険会社に直接相談するのがベストでしょう。

>>>生命保険の相談なら読売ウィークリーでも紹介された”保険マンモス”へ今スグ!ic_pikapika.gif

cms agent template0039/0040 ver1.003